忍者ブログ
日常の不自然さやあらゆることに毒づいていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


・人間として真の偉大さにいたる道はひとつしかない。それは何度もひどい目にあうという試練の道である。  byアインシュタイン                                                                                      


・大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし
  by伊達政宗


・女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる
                                                                   
                                         byアドルフ・ヒトラー

・血ヘド吐くまで走りこめ、血便出るまで素振りしろ、そうすりゃ、ちったぁ、楽になんだろ
  byアクマ


・今を戦えない者に次とか来年とかいう資格はない
  
                         byロベルト・バッジョ

・努力したものが全て報われるとは限らん。しかし成功したものは皆すべからく努力しておる。
  by鴨川会長


・人の足を止めるのは絶望ではなく諦め、人の足を進めるのは希望ではなく意思
  byキース・バイオレット


・Don't think! Feel!
  byブルース・リー


・人にできて、君だけできないなんてことあるもんか
  byドラえもん


・いいセンスだ
  byネイキッド・スネーク


・未完成の素晴らしさっていうのがあんねんな
  by松本人志


・人生のおもてめんを見て
  by野見隆明


・痔 エンド
  by鈴井貴之


なんかいい名言あったら教えてください。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
(^ω^)
フエまでの距離がフエてんじゃん


by 鈴井 貴之
ルーツ 2007/05/22(Tue)13:23: 編集
Re:(^ω^)
ルーツさんもかなりのどうラーですね^^

一生どうでしょうします!  by大泉洋

【2007/05/22 18:22】
無題
アインシュタインの言葉俺にぴったりな言葉かもしれない。
tatuya URL 2007/05/22(Tue)23:01: 編集
Re:無題
試練の道ってのはみんな避けて通りたいけど、その道を通るものはやはり偉大だと思います。
【2007/05/22 23:13】
劇の台詞に
2有名「ハムレット」に出てくる台詞です。
英語だけど...

"To be or not to be"
「生きるべきか、死ぬべきか」
という意味です。
To beで、生きることを意味しています。
存在することが生きること...らしいです。
ベル URL 2007/05/23(Wed)08:36: 編集
Re:劇の台詞に
ボクもこないだ知りました。シェークスピア知らないんんで、ついつい生きるか死ぬかはdead or aliveのほう連想しちゃうんですけど、そっちのほうが、断然深い言葉ですよね。
【2007/05/23 08:53】
俺の…
俺のリロードはレボリューションだッ!!

by アダムスカ(オセロット)

NONAME 2007/07/02(Mon)14:11: 編集
Re:俺の…
アダムスカっての通ですね♪でもこのくらいならMGファンなら当然ですよね^^
【2007/07/03 23:35】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13
«  Back :   HOME   : Next  »
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FreeArea
RecentCM
[07/25 あsdfghjkl]
[07/04 hui]
[05/24 ぴーたん]
[05/20 ミストラン]
[05/07 蹴童]
Profile
HN:
Viper
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/07/25
職業:
学生
趣味:
unknown
自己紹介:
旅好きのアウトドア系インドア派。
けど、自分からはなかなか行動できないタイプ。

Search
Counter
忍者ブログ [PR]