忍者ブログ
日常の不自然さやあらゆることに毒づいていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アイ、ロボット
製作年度:2004年
監督:アレックス・パレヤス
主演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハンetc


土曜プレミアムでやってた「アイ、ロボット」観ました。

まあ、ありがちなロボット反乱ものです。

といってもアイザック・アシモフのがベースだから当たり前か・・・

でも考えさせられました。

この先、科学進歩していって、ロボットと呼ばれる存在が

世の中で当たり前になって、人間達とともに暮らしだし、AIを搭載され、

それにゴーストが宿る。

そのときに人間はどのような選択をするのか。

少し気になりました。

CGやアクションシーンはよかったし、個人的にはウィル・スミス好きなんでよかったとは

思います。けど、やっぱB級感は否めなかったと思います。





PR

好きだ、

製作年度:2005年
監督:石田寛
主演:宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太etc

トモダチに「宮崎あおい、いいよ」って言われて、ソイツに借りてみたやつです。

「ただ、君を愛してる」とセットで借りました^^

今回のこの「好きだ、」についてなんですが、

さすがですね。役者陣の方々。

監督はキーワードだけを言って、台本なしで映画撮っていったそうです。

17年間におよぶ“ガールミーツボーイ”のラブストーリーです。

お互いが相手に対して好意を持ってるんですが、なかなか「好きだ、」の

一言が言えず、距離が縮まったり、離れたりと・・・

ある事件でお互いの気持ちが断ち切れてしまいます。

そして、時が流れ・・・17年後、再び彼らは出会います。

ストーリーはだいたいこんなところなんですが、

セリフが少なく、役者さんの演技でその感情の断片をうまく読み取らせてます。

やっぱすごいです。宮崎あおいさん、演技めちゃくちゃうまいですね。

(ちょっとハマリました^^)

たぶん、彼女なしだったらこの映画成立してないかもしれないです。

構成は後半部がやや無理な感じはします。あと、全体的に暗いです(内容じゃなくて)。

そこ部分が残念だったんですが、音や景色が自然なまま、ぎこちないギターサウンド

によって引き立ってたと僕は思います。

まだ、見てない人はぜひ、見て欲しいですね。





ただ、君を愛してる スタンダード・エディション      

製作年度:2006年
監督:新城毅彦
主演:玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ、小出恵介etc


リアルタイムじゃないんですが、「ただ、君を愛してる」を観ました。

ぶっちゃけストーリー展開としてはよくあるもので、最初のシーンから想像でき、

設定も現実感はないですが、いろんな意見があるにしろよかったです。

宮崎あおいさんが恋すると病気が進行し、死ぬという静流をみごとに演じていたと思います。

静流がだんだんと恋することにより成長していくところや、

玉木宏さん演じる誠人と生涯で一度だけのキスするシーンはよかったです。

切なくはあるんですが、重すぎず、もう一度見たくなるような映画ではありました。

大塚愛の“恋愛写真”も好きなんで聞き入りました(ただ、本編に関係あんのかな・・)

ただ、やっぱ感動のさせるぞ的要素も強いし、なにしろ純愛モノなんで・・・

物足りないって人もいるでしょう。

まあ、でも僕は感動させてもらえたので、心が浄化されたようなキモチになりました。

映画ってそんなものですよね?



[1] [2
«  Back :   HOME  
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
FreeArea
RecentCM
[07/25 あsdfghjkl]
[07/04 hui]
[05/24 ぴーたん]
[05/20 ミストラン]
[05/07 蹴童]
Profile
HN:
Viper
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/07/25
職業:
学生
趣味:
unknown
自己紹介:
旅好きのアウトドア系インドア派。
けど、自分からはなかなか行動できないタイプ。

Search
Counter
忍者ブログ [PR]