忍者ブログ
日常の不自然さやあらゆることに毒づいていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ボクが一番好きっていえる漫画が

この「ARMS」かもしれません。

ストーリー、絵すべてにおいて自分のなかでは完璧でした。

最初は立ち読みでした。

そこで面白いと感じてそこでまとめ買い。

そして飽きたから売りました。

そしてまたまとめ買い。

そしてまた飽きたから売りました。

そしてまた読みたくなりまとめ買い・・・

いっときますがこの期間にだいぶ時は流れてますよ。

こうして何回か売り買いを繰り返して、今は大切にしています。

ストーリーは一言ではとても語れないんでやめときます。

かなり無駄な知識とかつきます・・・か?

絵とかストーリーとかは大友さん、リスペクトしてる感じですかね。

ボクはこういう感じの話好きですね。

現実の中の非日常が存在している

そしてなお、現実からあきらかにかけはなれてはいなくて

キャラクタ設定にセンスがある。

そんなARMSはボクにとって最高のものであり、

もう絶対に売ることはない・・・でしょう。


PR

軍鶏(講談社)戦慄の格闘漫画!それが「軍鶏」!

格闘技の漫画ってのは全般的に好きなんですが、

ボクが最も好きなのが、この「軍鶏」です。

普通の格闘漫画ではなく、いわば、格闘技の“負”の部分を

徹底的に書き綴った作品。


優等生だった高校生が突然、親を刺し殺し少年院に入れられてしまう・・・

そこでの陵辱、暴力の日々・・・

だが、そんなとき空手に出会う。

彼は地獄の中で、自分の存在を守るため、生き残るため、

空手を極めていった。

出所後、格闘界に入っていき、無軌道な闘いを繰り広げる・・・

いろんな葛藤や人間模様がみれますし、もちろん格闘漫画としても面白いです。

連載されていた漫画がアクションからイブニングへと変わり、

若干、ストーリーが変更されている感じはあります。

でも、最近全く見てない・・・

前にイブニングで久しぶりに見たら載ってなかったです。

ここからがかなりいい展開なのに!!

一体、軍鶏はどうなったのか!?

まだ、続いてるのでしょうか?

誰か知ってるヒトいたら教えてください。

ちなみに実写化もされるそうです。

主人公、成嶋亮役がかなり気になります。

イッちゃってる感じのヒトじゃないといけないですからねw


あまりかん。…著者名:高須光聖
出版社:ベストセラーズ
発行年:2007年


あまりかん。」を読み終えました。

うん、笑いももちろんありますし、感動?というか

時代のよさみたいなものが伝わってきます。

僕自身は松本人志の放送室を聞いているので、

「あ~あの話か」とか登場人物も放送室でよく話しておられるのでイメージ

しやすかったので、めちゃくちゃ面白かったです。

昭和40~50年代の尼崎の様子がリアルに伝わってきます^^

尼崎ならではの強烈なキャラクターや

もちろん、ダウンタウンのお二人もでてきます。

もろ世代の方はもちろんのこと、ダウンタウンファン、高須ファン、

はたまた尼崎ファン、老若男女に読んでほしい一冊です。

[1] [2
«  Back :   HOME  
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
FreeArea
RecentCM
[07/25 あsdfghjkl]
[07/04 hui]
[05/24 ぴーたん]
[05/20 ミストラン]
[05/07 蹴童]
Profile
HN:
Viper
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/07/25
職業:
学生
趣味:
unknown
自己紹介:
旅好きのアウトドア系インドア派。
けど、自分からはなかなか行動できないタイプ。

Search
Counter
忍者ブログ [PR]